あご(顎)ニキビの治し方は、『保湿力』がキーワードだった!!

顎ニキビはなぜできる?そこには保湿が関係ありました。

昔も今も、ニキビで悩む女性は多いですよね。食生活やライフスタイルの変化により、昔よりも今の方がニキビに悩む女性が増えたように思えます。そして、顎ニキビに悩む女性も増えています。そこで、なぜ顎ニキビができてしまうのか、顎ニキビに必要なものはなんなのかというのをお話していきましょう。

 

今さら聞けない。ニキビができる理由とは?

あごニキビ 治し方

顎ニキビについて話を進める前に、なぜニキビというものができるのか説明しましょう。もうニキビについて知っているという人も、おさらいしましょう。ニキビができるのは、毛穴です。

 

毛穴が炎症を起こし、ぷくっと膨らんでいる状態です。ニキビには黒ニキビ、白ニキビ、赤ニキビがあります。黒ニキビというのは、毛穴が汚れや垢で詰まってしまい、毛穴が開いている状態です。汚れているから、黒く見えるのです。もしも毛穴が開いていなく、しまっているならば汚れは見えません。

 

そのため、毛穴が開いていないニキビは黒くないニキビ、つまり白ニキビといいます。これらは、ニキビの初期の状態です。ここにアクネ菌という皮膚に存在する菌がつくと、炎症を起こして赤ニキビとなります。アクネ菌のエサとなるのは、皮脂です。

 

そして酸素がなくても増殖する特徴があるため、詰まった毛穴の中に住むのを好みます。その結果、黒ニキビや白ニキビを家として増殖します。すると炎症をして赤ニキビとなっていくのです。

 

ニキビができる原因は一体なに?

では、ニキビができてしまう原因というのはなんなのか説明します。アクネ菌は常に顔に存在し、誰もが持っている菌です。それでもニキビができやすい人と、ニキビができにくい人というのはいますよね。

 

なぜ同じようにアクネ菌を持っているのにニキビができやすい人がいるのかというと、それは皮脂や汚れに関係があります。エサとなるものがなければ、アクネ菌は増殖しません。

 

皮脂は、ホルモンバランスの乱れや生活習慣によって分泌量が変わります。睡眠不足や栄養バランスが悪い食事をすると、体に負担がかかります。

 

人間の体には数種類のホルモンが分泌されていて、それらが絶妙なバランスを保って体を保持していますが、ホルモンバランスが崩れると体がエラーを起こして皮脂を分泌してしまう事があります。

 

また、毛穴を詰まらせてしまう原因となる化粧品もニキビの原因となります。さらに乾燥して皮脂が足りないと肌が判断すると、皮脂をたくさん分泌してアクネ菌のエサを増やしてしまいます。

 

顎ニキビができる理由はなに?他の部位にできるニキビとの違い。

それでは本題に入っていきましょう。なぜ顎ニキビができるかです。顎ニキビは、大人ニキビと言われています。他の部分のニキビは思春期にできるニキビとして若い時特有の皮脂の過剰分泌が原因と言われる場合がありますが、大人ニキビはホルモンバランスの乱れや乾燥が原因と言われています。

 

女性の体は、生理前と生理中でホルモンバランスが変わります。生理が近くなると、胸が張ったりイライラするのはホルモンバランスのせいです。妊娠や出産でもホルモンバランスは変わるため、大人ニキビができやすいのです。

 

さらに社会人になって生活習慣が変わってしまったり、飲酒喫煙によってホルモンバランスが乱れる場合もあります。そして誰も止められないのが、肌の老化です。肌は衰えていくとターンオーバーが鈍ります。そして角質がたまりやすくなり、肌を固くしていきます。すると毛穴が角質でつまりやすくもなるのです。

 

また、顎は汗をあまりかかないため、乾燥しやすい部位です。乾燥すると、皮脂は余分にでてきます。しかも毛穴が小さく、皮脂や汚れがつまりやすい場所でもあります。こういった生活習慣や大人の事情、肌の事情から顎にニキビができやすく、治っても繰り返しニキビができてしまうのです。

 

ニキビには保湿!特にアゴニキビは保湿が大事!

それでは、どうやってニキビと向き合っていくかです。先ほども書いたように、ニキビは炎症している状態です。火事になったら水をかけて火を消しますよね。それと同じで、ニキビには水分を与えなければいけません。しかし、水だけではすぐに乾燥してにきびにはあまり効果がありません。

 

そこで、水を与えながらも肌がしっかりと水分を保持できるような状態にしなければいけません。つまり、これが保湿なんです。保湿する事でニキビができて治まりやすくなります。

 

また、あごニキビは乾燥が原因だと書きました。乾燥しない肌にするために保湿は大事なのです。さらに年齢によって肌は水分を溜め込む力が弱まり、乾燥しやすくなります。そのため、若い時よりも保湿を意識しなければいけないのです。

 

どんな保湿美容液を選べば良い?

では、どんな保湿美容液を選べば良いのでしょうか?スキンケア商品は星の数ほどあるので、どの商品を買えば良いのか悩んでしまいますよね。ドラッグストアで売っているものもたくさんありますし、通販で売っているものもたくさんあります。

 

参考にして欲しいのは、年齢に合っているものです。ミドルエイジの女性が若い子向けの商品を使ったとしても、若い肌とそうではない肌は違います。若い子は若い肌用の美容液を使えば良いですし、ミドルエイジはミドルエイジに適したものを使いましょう。

 

「年齢肌用」など書かれているものがおすすめです。また、美容液は自然由来の成分がおすすめです。化学製品がたくさん入っていると、炎症して敏感になっている肌にはあまりよくありません。刺激になり、余計に炎症が酷くなる可能性もあります。そのため、自然に近い成分の方が敏感になっている肌を傷めなくて良いです。

 

メルラインって顎ニキビにいいの?その理由は?

顎ニキビに良い美容液はどんなものが良いのか分かったけども、じゃあ具体的にどんな商品を買えば良いのか分からない‥という人もいますよね。そこで、おすすめするのはメルラインという美容液です。顎ニキビに悩む女性向け商品だとはっきり書いてあります。

 

普通、美容液などの化粧品は年齢肌用とかシミに良いとかは書いてありますが、そこまで用途が細かく書いていないものが多いです。「どこ場所の、どんな症状に良いのか。」というのが書いてあるのがメルラインなので、顎ニキビに迷ったならばこの商品がおすすめです。

 

さらにメルラインは、合成香料や着色料、アルコール、パラベンなどが含まれていません。そのため、肌に優しい美容液だと言えます。また、海外の工場が問題になっている現在、日本の工場で作っているので安心して利用できるという人もいます。

 

テレビCMをやっていないのであまりメルラインは有名じゃないかもしれませんが、複数の雑誌に取り上げられるぐらい人気でもあるのです。

 

保湿すると他にもこんなに肌に良い。

顎ニキビのために保湿するというのは、肌に良いサイクルを生み出します。ニキビ予防やニキビ治療のためには保湿が大事ですが、保湿は他にも年齢肌や乾燥肌、脂性肌にも良いのです。乾燥すると肌にヒビが入ってシワの原因になってしまいます。

 

また、脂性肌というのは肌に皮脂がたくさん分泌されている状態です。皮脂の分泌を抑えるためには、肌を保湿して皮脂が出てこなくても大丈夫だよというのを教えてあげなければいけません。だから保湿すれば、脂性肌も改善する事ができるのです。

 

美わきや黒ずみから卒業したい人はこちら

あごニキビの保湿改善方法とは!

顎ニキビの治し方

鏡を見るたびに、出来ると気分がブルーになる原因の1つが、ニキビだと思います。

 

まず、ニキビが出来る原因が毛穴の皮脂が多く分泌される為に、

 

毛穴が詰まりやすくなり、肌の表面にぶつぶつが出来ます。

 

また、他の原因によっても起こります。 毛穴にアクネ菌が増えてしまい、

 

毛穴の周りが炎症を起こして、赤く腫れてしまします。

 

このアクネ菌は人間の皮膚に多くに居る菌なので、誰もが持っている菌の1つです。

 

ニキビの原因となっているからと言って、肌にいるアクネ菌を全て取り除くのは控えた方が良さそうです。  

 

 

それは、肌表面のバランスを保っている菌の為、肌にとって必要な菌の1つだからです。 

 

そもそも、全てのアクネ菌を取り除くのも難しい為に、

 

上手に付き合っていく事がニキビを治す事に対しても重要になりますし、アクネ菌にも良い働きをするもので、

 

肌を弱酸性にして病気の原因となる元の菌を増やさないようにしてくれています。  

 

その反対で悪い働きをするものがいるので、この点も頭の隅に置いておきたい所です。

 

ニキビの予防のために、寝不足やストレスなどを無くす事や、

 

化粧は帰宅後には洗い落とす事など毛穴が詰まらないように常に清潔に保つ事は一番大事です。

 

 

意外なのは、ニキビの原因として汗や室内の乾燥を防ぐ事も大事になります。 

 

その他に、ホルモンの影響でニキビが出来やすいとも言われています。

 

一番重要なのは、体の内外からニキビを防ぐ為にビタミンを取る事です。 

 

例えばビタミンCやビタミンEは、皮脂の酸化を防ぎやすくする為に効果的な方法ですし、

 

ビタミンB2は皮脂が酸化する前に外に出す事も出来る可能性も高まるなど、その効果は、

 

ニキビを防ぐ・治す事についても大きな役割を果たすと思います。

 

 

顎ニキビの治し方

もちろん、一度出来たニキビはつぶさない事が大前提です。

 

もし、ニキビをつぶしてしまったら健康な皮膚も傷つけてしまい、

 

感染の原因になってしまうので、より悪化しやすくなります。

 

 

だからと言って、そのままニキビを放って置くのも考え物です。

 

ニキビは、病気の1つだと言われて、ちゃんと病名まであり「尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)」です。

 

なので、治し方としてはドラックストアなどでニキビを治す薬が販売されていますし、病院でも治療が受けられるのです。

 

病院でのニキビ治療は、塗り薬はもちろん飲み薬などで治療されている場合が多いようです。

 

 

意外なのはニキビにより、周りより本人の悩み込むのが深刻な傾向になりやすいので、注意が必要です。 

 

分かりやすい例から言うと、自分の顔を映した鏡を見るたびにニキビがある為に、

 

気持ちがマイナスな方向になってしまい、人と会う事を避けてしまう事などです。

 

ニキビは、早い内から治して行くと早く治りやすいです。 

 

 

最初は白や黒色のニキビが出来ているのを、そのまま放っておくとニキビの色が赤や黄色になって

 

炎症が徐々に広がって行くので、早めに治して精神的にもスッキリとして

 

過ごしたいと考えると、早め早めに手を打ちたい所だと思います。

 

 

しかし、肌によって異なるニキビが出来る原因となった物は、色々な原因がある為に、

 

具体的には、生活習慣を良くしてストレスの少ない生活を送る事が一番と言われていますが、

 

ホルモンなども、ニキビの原因となっているのなら、生活習慣や日頃の洗顔などはもちろんの事、

 

スキンケアに使う化粧品やニキビを治すために、ニキビを治す効果が少しでもある

 

化粧品へ替える方も多いと思います。

 

 

実際には様々な化粧品がありますが、どれもティーンエイジャーを対象に作られているのが比較的多い様に感じます。

 

それもそのはず、だいたい10代の後半になると男性ホルモンの影響などで毛穴から出る皮脂がより多く出やすく、

 

それによっていつもよりも毛穴が詰まりやすくなり、ニキビが出来やすい状況になる為です。

 

ですが、ティーンエイジャーを対象としていないニキビを治す為のスキンケアに使える化粧品は少ない様に感じます。

 

 

顎ニキビの治し方

ところで顔のニキビが、出来やすい部分と言えば顎(あご)に出来るニキビもその一つに入ると思います。

 

この部分は、年齢を重ねて女性ホルモンが毛穴の皮脂を多く分泌してしまう為に、

 

ニキビが出来やすい環境になる事も重要な事です。 

 

しかし、洗顔をしっかり行い保湿が必要になります。 

 

 

この保湿が、しっかり行われていないと肌の内部が乾燥してしまい、

 

それを補う為により多くの皮脂が分泌されてしまうのです。 

 

この為に、保湿は洗顔と同じくらいニキビの治し方としては重要なスキンケアだと言われています。

 

 

顎(あご)のニキビに特に特化した商品に、メルラインという商品があります。

 

ニキビに、特化した商品なのでもちろんニキビに対する成分も入っています。

 

一般的には肌のスキンケアで、使う化粧品はどれも同じだと考える方も多いと思います。 

 

しかし、その化粧品によってニキビを予防する為に保湿を重要にして作られているものや、

 

ニキビを治療する為に、炎症を抑えるものに分かれるので注意が必要になります。

 

 

このメルラインは、繰り返すニキビに対して作られているので、今まで自分の肌に出来たニキビを治す為に

 

色々な化粧品を試しても、なかなかニキビが少しずつ治って行くという化粧品に

 

出会わなかった方には、ぜひ試して欲しい商品です。

 

 

例えば、保湿成分を10種類も配合して肌の乾燥を防ぐ事や天然ビタミンEや独自のビオカタライザーと言う成分で、

 

より肌のサイクルをよりサポートをしやすい様に配合されています。 

 

また、美白成分も配合されているので、ニキビに悩む方からすると、至れり尽くせりの内容だと思います。

 

 

なぜ、ここまで一つの商品でニキビケアが行える様になったかと言うと、この商品を作った研究者の方は、

 

元々がニキビに悩んでいる方だそうなので、ニキビで悩む方の気持ちを良く分かっている為に、

 

他の商品にはないニキビに特化したメルラインと言う、商品が出来たのだと知るとよりいっそう好感を受けます。

 

 

顎ニキビの治し方

また、ニキビケアや保湿・下地効果などが一つになったオールインワンなので、

 

時間を掛けずにスキンケアが出来るのも時間に余裕がない子育て中の方でも使いやすい商品だと言えます。

 

この点は、子育てや日々の仕事で忙しい方にとっても、この化粧品でスキンケアが出来るなど、

 

スキンケアに使う時間などの負担が少なく続けやすいというのは、

 

この商品のサイトにコメントされている方のコメントからでも、納得できることではないのではないでしょうか?

 

 

また、色々なところで紹介されているのも、より一層この化粧品のメリットを証明されている様に思います。

 

そして、無添加と言う特徴もある為に、サイト上にある商品ページには成分表や効能・効果が書かれているので、

 

使う側に立ってメルラインという商品を販売されている様に感じられて好感を持ちやすいと思います。

 

 

一般的な化粧品のサイトには、成分表までは書かれていない事が多いので、

 

使う側からすると不安になりながら使ってみるという事が多いのです。

 

また国内工場で作られているのも、高品質で安心して使える点だと思います。

 

 

その他に、この商品に対する自信は180日間返品保証からも、自信が見えて来ます。 

 

これは、初めての方でも不安なく効果を実感してもらいたいと言う思いが伝わって来ます。

 

もちろん、初回分の明細書・商品容器・商品箱の三点が必要になりますが、

 

普通に使っていれば手元にある物なので、難しく考えなくても行えると思います。

洗顔の後の保湿は、乾燥顎(あご)ニキビの治し方を予防・改善する上で大事なことです。これを怠けてしまうとますます顎(あご)ニキビの治し方を乾燥させてしまいます。加えてクリームやジェルや皮膚科や成分用品についても保湿力のあるものにする必要があります。さらに入浴剤を浴槽に入れたり、温度の高いお湯を使用しないというのも非常に有効です。美容の成分、ホルモンバランスの原因は人間の体内にも含有されているタンパク質と容易に結合する性質を持った「多糖類」に含まれる酸です。並外れて保湿力が高いため、顎のにきびや栄養補助食品には、ほぼ定番といってよいほどホルモンバランスの原因が入れられています。年齢に従って減少する成分なので、意識して補うようにしましょう。かさかさ顎(あご)ニキビの治し方で悩んでいるの場合、顎(あご)ニキビの治し方の手入れが非常に大切になります。誤ったスキンケアは症状を悪くさせるので、適切な方法をわかっておきましょう。初めに、洗いすぎは禁物です。皮脂が気がかりになるからといって1日に何回も何回も洗顔してしまうと素顎(あご)ニキビの治し方が乾燥してしまいます。反対に皮膚の分泌量が多くなってしまうので、朝と夜の2回で足ります。顎(あご)ニキビの治し方がかさつく人は、低刺激の洗顔料をチョイスしてよーく泡立てて、顎(あご)ニキビの治し方をこすり過ぎないようにしてください。力強く洗うと顎(あご)ニキビの治し方に悪いので、優しく洗うのがコツです。また、洗顔した後は必ず保湿をするようにしましょう。化粧水に限らず、乳液。美容液クリームも状況に合わせて使用してください。保湿できなくなってしまうと顎(あご)ニキビの治し方きびを起こし易くなってしまうので、警戒してください。では、保湿力を上向きにさせるには、どんな顎(あご)ニキビの治し方の保護をしていけば良いでしょうか?保湿機能アップに効きめのある顎(あご)ニキビの治し方ケアは、血の流れを良くする、美容によく効く成分を含む顎のにきびを使ってみる、きちんと洗顔する習慣をみにつけるという3点です。美容成分をたくさん含んだ化粧水や、美容液を使うことで保湿力を高めることができます。スキンケアには改善方法やホルモンバランスの原因、また、吹き出物といった成分が含まれているコスメが最もいいんじゃないかなと思います。血行を良くすることも大切になってきますので、スキンケア対策や半身浴、女性のコメントなども行って、血流を改善することが必要です。「美しいお顎(あご)ニキビの治し方のためには、保湿皮脂の改善は厳禁!」ということをよく聞きますが、それはお顎(あご)ニキビの治し方についても言えることです。本当に顎(あご)ニキビの治し方を白くしたいと思うのなら、保湿皮脂の改善はすぐに止めるべきです。保湿皮脂の改善をやめるべき理由として一番に挙げられているのが、保湿皮脂の改善がビタミンCを破壊してしまうことです。喫煙してしまうと、美白に重要なビタミンCが破壊されることになります。出来るだけ、お肌の効果を上昇させたいなら、摂取するタイミングも重要な要素です。最も効くのは、お腹が減った時です。逆に、お腹がいっぱいの時は吸収率が低く、飲んでもあまり効果を期待できないこともありえます。また、寝る前に飲むのもいいかと思われます。人体の機能は睡眠時に治癒されるので、就眠前に摂取すれば効果も高まるのです。スキンケアで忘れてはいけないことは間違った洗顔で顎(あご)ニキビの治し方を痛めないことです。お顎(あご)ニキビの治し方に良くない洗顔方法とはお顎(あご)ニキビの治し方を傷つけてしまいみずみずしさを失わせてしまう、原因をもたらします。可能な限り、優しく包むように洗う念入りにすすぐ、というふうに意識をして洗顔をするようにこころがけましょう。顎(あご)ニキビの治し方のカサカサに対処する場合には、大人の効果を食事に取り入れてください。大人の効果は角質層において細胞に挟まれて水分や油分と共にある「細胞間脂質」のことです。角質層は何層もの角質細胞から構成されていて、この大人の効果が細胞同士を糊のように結合させています。皮膚の表面の健康を保持する防護壁のような働きもあるため、欠乏すると顎(あご)ニキビの治し方荒れが発生するのです。寒くなると湿度が下がるのでその影響から顎(あご)ニキビの治し方の潤いも奪われがちです。顎(あご)ニキビの治し方が乾燥してしまうと顎(あご)ニキビの治し方荒れ、シミ、シワなどといった顎(あご)ニキビの治し方きびの要因となるのでほかの季節よりもしっかりとしたケアが必要です。水分が足りない顎(あご)ニキビの治し方のきびを予防するためにも保湿・保湿を普段よりしっかりと行うようにしてください。冬の顎(あご)ニキビの治し方のお手入れのコツは普段よりしっかりと顎(あご)ニキビの治し方を潤すことです。潤いが不足する顎(あご)ニキビの治し方は、一日一日の丁寧な洗顔とそれをした後の水分補給のケアを正確に行うことで、より良い状態にすることができます。どこに行くにも皮膚科や成分をされる方の場合には、化粧を落とす工程から見直しましょう。皮膚科や成分落としで気をつける点は、化粧をちゃんと落として更にそれと一緒に、顎(あご)ニキビの治し方にとって余分ではない角質や皮脂は残しておくようにすることです。普段は顎(あご)ニキビの治し方があまり乾燥しない人でも寒い季節になるとカサカサになってしまうこともあるので、洗顔後やおふろの後は化粧水をつけたり、乳液を使用しましょう。特に寒い季節になると顎(あご)ニキビの治し方のきびが多くなるので、スキンケアを怠けないようにした方がいいです。そうやって、きちんと保湿をすることと血のめぐりを良くすることが冬の顎(あご)ニキビの治し方の手入れのポイントです。最も有名な改善方法の効果といえば、顎(あご)ニキビの治し方の効果です。改善方法を摂取することにより、体内に存在する改善方法の代謝促進が進み、顎(あご)ニキビの治し方に、潤いとハリを与えることが出来ます。現実問題、体の中の改善方法がなくなることでお顎(あご)ニキビの治し方の老化が著しくなるので若々しい顎(あご)ニキビの治し方を維持させるために積極的に摂取すべきです。冬になると寒くなって血のめぐりが悪くなります。血行が悪くなってくると顎(あご)ニキビの治し方細胞に満足な栄養を届けることができず、新陳代謝がくずれてしまいます。そして、顎(あご)ニキビの治し方きびを起こしてしまうので、血行の促進を心がけてください。血のめぐりが改善されれば、代謝がうまく働き、健康的な顎(あご)ニキビの治し方がつくりやすくなります。